飲み会のお金が欲しくてキャッシングを活用した杉田

50代、アルバイトです。
贅沢は出来ませんが、生きていける程度は稼げています。
本当はもっと稼げる仕事に就きたいのですが、資格や経験の壁に阻まれてなかなか上手くいきません。
それでも何とか頑張っています。
ですから、懐具合は常に大変な状態で、交際費とかなるべく減らしたいのに、そういう時に限って友人から飲み会の誘いが来るんですよね。
誘ってくる人は、正社員だったり主婦だったり、お金に困る事がない人達だから呑気なものです。
しかも断ってばかりだった事を責められ、しぶしぶ飲み会に出席する事にしました。
タイミングが悪い事に給料日前だったので、キャッシングを利用する事にしました。
キャッシングはアルバイトでも借りれるとは聞いていたのですが、あまりにもあっさり審査をクリアできたのでちょっと拍子抜けしたりもしました。
そしてキャッシングのおかげで飲み会にも参加できました。総量規制対象外のローンで即日キャッシングをする
友人達との格差は感じますが、追いつけるように頑張ろうと思いました。
とりあえず、友情を繋いでくれたキャッシングには感謝しています。

キャッシングとカードローンの違いとは?

皆さんはキャッシングとカードローンの区別を明確にしているでしょうか?少なくてもお金を借りることだという認識では一致していると思います。
キャッシングは50万円以内の小口融資で、一括返済が基本なのです。
カードローンはそれより少し大口で、そして分割払いが基本です。
カードローンは10万円からの小口から、500万円くらいの枠があるものもあります。
もっとも500万円の枠を貰えるにはそれ相応の年収と信用度を必要としています。
そして金利に関してですが、一般的にはキャッシングの方が金利が高く設定されていると言われています。
例えば翌月一括なら、そんなに金利は掛らないし、逆から見ると、金融機関にとって儲かる商品ではないのです。
だから金利が高く設定されているのです。
しかし、レイクのカードローンもリボ払いが主流です。レイク審査はここでお願いします。
月々の返済で、借りたお金を返している以上、キャッシングとカードローンを区別すること自体無意味なことではないでしょうか。

カードローンはやる気の強い味方になってくれる存在!

基本的には、キャッシングの返済は翌月一回払いでの支払いが多いです。
リボに変更できるケースもありますが、リボは金利も高いので、できれば一括で返済したいものです。
ただ、あらかじめリボで返済をするつもりでお金を借りるのであれば、カードローンという方法でお金を借りたほうが、金利も低いケースが多いと思うので、そちらを検討してみるといいでしょう。
一時的にお金がピンチで、すぐに返す当てがある場合はキャッシングでもいいですが、お金がピンチで少しずつしか支払えない場合はカードローンの方が無理のない返済が出来ると思います。
ただ、お金を借りてまで何に使うかです。
例えばキャリアアップのために通信講座を受講したいけど、受講費全額は工面できない時、カードローンを使えば毎月学費を分割で支払う感覚で支払いができます。
資格などは、一番必要としている時、一番意欲がある時を逃すと、やる気がなくなってしまうかもしれないので、気持ちが向いている時に始めたいですよね。
そういう時にカードローンは強い味方になりますね。